もしただの腰痛じゃなかったら…モットンはいらない?

数年前に坐骨神経痛を患ってから、疲れたりすると時々腰が痛むようになりました。坐骨神経痛までとはいきませんが、1日2日は腰から脚にかけて非常に重だるくなってしまったり痛んだりします。私は仕事がデスクワークで1日中座りっぱなしなので、痛み始めるとちょっとでも姿勢を悪くして腰を落とすと痛みが強くなって辛いです。
ほとんどが普通のごくありふれた腰痛なのですが、時々いつもとは違う個所が痛んだり、違う痛みのタイプだったりすることがあります。そういう時はちょっと不安になってしまいます。実は私は数年前にがんを手術しています。それから親戚で3人、がんにかかってそれが転移し、ずっと腰が痛いと言っていたのです。3人ともその後1年以内に亡くなってしまいました。ですのでがんになって腰が痛いと言ったら、それはもう手の施しようがないという意識が私に植え付けられてしまっています。
元々私は生に執着するタイプではないので、病気になって死ぬのはしょうがないようなぁ、と思っています。そして私の患ったがんは非常に性質がおとなしく、腰に転移する例はそう多くなく、しかも転移したとしても転移先でももともとのがんの性質を受け継ぐため、すぐに悪さをするほどのがんにはならないということもよくわかっています。だから、腰が痛いといってもそれががんである可能性は非常に低いし、たとえがんが転移していたとしてもそれはもうしょうがないと受け入れようと思っています。
でも、やっぱり親戚3人の酷い痛がりようを見ているととても不安になってきます。死ぬのは別に構わないのですが、痛い、苦しいのはやっぱり嫌ですよね。それだけはなんとかしてほしい。それから、まだ子供が小学校低学年なので、子供の事を考えるともしがんになったら、そして死んでしまったら申し訳ないと感じます。夫にも非常に迷惑をかけてしまいますし…
なんだかこんな風に考えてしまい、腰が痛いだけでちょっとナーバスになるのです。だいたい数日の間に治ってしまって取り越し苦労に終わります。
簡単に普通の整形外科領域の腰痛なのか、それともその他の病気なのかが簡単に判別できればこんな余計な心配はしなくていいんですよね。自分で姿勢による痛みの変化やマッサージをしてみた時の感覚でなんとかく判断しますけど、それも完璧ではありません。かといってしょっちゅうお医者さんに行く時間もありません。
かなりの人が悩む腰痛ですが、それにがんという要素が加わるととちょっと感情がやっかいになってきます。こうやっている間にもちょっと腰が痛んでいます。たぶん今日の腰痛は、姿勢が悪いことへの身体からのただの抗議でしょうが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です